自分磨きのITノート

プログラミング(C#、VB.NET)言語やデータベースの役立つ情報を初心者から中級者向けに発信します。

C#でプログラミング入門 ー 繰り返し while文

前回は、繰り返し構文のfor文をやりました。今回は、同じ"繰り返し"で、while文を説明します。

for文はカウントしながら繰り返す時によく使いますが、while文はある条件である限り繰り返す時に使用することが多いです。条件が終わるまで永久に繰り返すことができるので、無限ループに陥ることがり、プログラムが終わらない状態を作ることが可能です(>_<)(プログラムを強制終了させないと終われない)

繰り返す条件が正しいかしっかりチェック(テスト)を行うことは重要です。

最初に条件を書くwhile文

while文の繰り返し条件を書く場所は、最初と後いずれかに書くことができます。では、最初に書くパターンをお見せします。

C#

public class loop2{
    public static void Main(){
        int i=1;
        while (i<=5){
            System.Console.WriteLine(i.ToString());
            i++;
        }
        System.Console.WriteLine("プログラム終了!! iは" + i.ToString() + "でした。");
    }
}

結果

1
2
3
4
5
プログラム終了!! iは6でした。
for文で説明した時と同じようなプログラムです。whileの繰り返し条件部分「iが5以下なら繰り返す」と記述しています。そして、i++でiをインクリメントしています。while文には変数宣言と更新を書くところがないので、プログラム中に変数を更新するなどの対応が必要となります。インクリメントしてから最後にiを出力しているので、終了にはiが6になっています。

変数iに1~5以外の数値を入れて実行してみると…

iに10を入れた結果

プログラム終了!! iは10でした。
while文の中の処理にプログラムが入らず、処理が終わりました。

whileから抜けるには

続きを読む

C#でプログラミング入門 ― 繰り返し for文

前回は、条件分岐を説明しました。

繰り返し同じ作業を何も言わず黙々やってくれるのは、コンピュータさんだけです(笑)
面倒な繰り返し作業こそコンピュータに任せるべきです!ってことで、今回は、繰り返し文(ループ文)です。

繰り返し文は、何種類かあります。

for文

for (変数初期化; 繰り返し条件; 変数更新式){
     繰り返したい処理...
}

for each文

foreach(変数宣言 in 配列変数){
     繰り返したい処理...
}

While文

While (繰り返し条件){
     繰り返したい処理...
}

Do While文

do{
     繰り返したい処理...
}While(繰り返し条件)


まずは、よく使われるfor文からです。

for文

続きを読む

C#でプログラミング入門 ― 条件分岐 switch文

前回、「複数の条件」をやりましたが、複数の条件を作成する場合、switch文のほうが良いときがあります。

swich文

swich (式) {
     case 条件1:
          A処理;
          swich終了文;
     case 条件1:
          B処理;
          swich終了文;
     default:
          C処理;
          swich終了文;
}

さっそく、ソースプログラムを見てみましょう。

C#

public class bunki2{
    public static void Main(){
        string name="jiro";
        switch (name) {
            case "taro":
                System.Console.WriteLine("こんにちは、太郎さん");
                break;
            case "jiro":
                System.Console.WriteLine("やぁ、次郎くん");
                break;
            case "saburo":
                System.Console.WriteLine("Hi、" + name);
                break;
            default :
                System.Console.WriteLine("どなたかわかりません");
                break;
        }
    }
}

結果

やぁ、次郎くん

解説ですが、switchの後に条件となる値・式を記述します。switch内では、caseの後に、条件の結果とコロン(:)を記述します。その後の部分には、その結果に合った処理を記述していきます。命令が終われば、最後にbreakをいれてswitch文を終わります。

どの条件にも該当しない命令を書きたいときは、default :ラベルを使います。

name変数の値によって、プログラムが通る経路がif文のように分岐できたと思います。


フォールスルー

続きを読む
スポンサードリンク
自己紹介
【管理人】
なみやん
【コメント】
プログラムを組むことが大好きな30代男性。IT系の仕事を10年ちょいやっています。このブログを通して知識を人に伝えることによって、自分をさらに磨こうと精進しています。応援よろしくお願いします。
免責事項
当サイトで紹介しているサンプルソースコードは自由に使用いただいても結構が、自己責任でお使いください。また、記事の内容が主観的であったり、努力していますが正しくなかったりする場合がございます。読者本人の判断にお任せいたします。