2020年から小学校でプログラミング教育が必修化になります。

子を持つ保護者からしたら、
「本当にプログラミング教育って必要なの?」
「将来プログラマーにさせるつもりはないんだけど…」
「自分は学習してきていないし、指導するのが不安」

と、思うはずです。システムエンジニア(以下SE)の私もはじめに聞いた時は「え?何を覚えさせるつもりなの?」と思いました。SE目線からしても、単純にプログラマーするにも適性が合ってないと苦痛だよ!って思います。

それと色々な記事で拝見しますが、IT業界は人で不足のようです。
(実際は余っているとこも足りないところもある)

また、日本は人口も減少して生産力が下がっていく一方なので、ITを活用して生産力を維持しようとする動きも出てきそうです。

さて、このプログラミング教育は何なのか?


プログラミング教育の概要


スポンサードリンク

文部科学省のページにも書かれている小学校で学ばせたいことは、
・読解力
・論理的思考力や創造性
・問題解決能力等

です。他ページにも難しい言葉が並んでいるので、私なりに要約してみます。

"読解力"は、もう国語能力ですね。文書を読み解く力を鍛えるみたいです。

"論理的思考力や創造性"は、物事がなぜそのようになるのか結論を導き出して、表していくことです。読解力の逆で表現するほうです。図や絵などでわかりやすくしたり、構造化してみる作業にもあたります。また、バラバラに並んだ作業を効率よくするには、この順序が一番早道みたいなことも学ぶはずです。
創造性は、結論が複数でてきたり、結論に至るまで複数の考え方があったり、名の通り色々創造してみよう!的なものだと思います。

"問題解決能力"は、問題が起こったときどこに原因があるのか特定する作業だったり、次やるときは問題が起こらないようにするためにはどうやったらうまくいくのか考える力だと思います。
(余談ですが、大人になったらトラブルの連続!子供には、めげずに立ち向かって生きていく力も身に着けてもらいたいところですw)

それをプログラミングぽいもので、学んでいくのだろうと推測します。

どんな学習になるのか予想

学校側も具体的にどう教育していくかは模索中みたいです。教科書もどんなのものになるか楽しみです。先生方もITに詳しくない方もいるはずなので、どうアプローチしていくのでしょうか。教える側も大変そう…

では、何をするのか?私が思うには、バリバリとプログラミング言語でソースコードを書くことはせず、グラフィカルなアプリ(ツール)を使って、モノを動かしたりするのでしょう。自分で考えて作り上げたものが動くのは非常にワクワクしますし、何より興味が湧いてきます。どちらかというと勉強というよりゲーム感覚でパズルを組み立てる授業になるのではないでしょうか。タイムレースなどをして、効率のよい手順(プログラム)を学ぶのかもしれません。

パソコン・タブレット、はたまた紙での授業かもしれません。結局、想像はできますが、どうなるかは文部科学省や小学校の動向によります。

そして中学校・高校では
ある程度、国語と数学(物理)が備わり、実際にプログラミング言語で機械で動かす授業が本格的に始まるのではないでしょうか。実際に技術の時間にコンピュータ室でプログラムを教えている学校があるそうです。

まだまだ、プログラミング教育の方向性見えませんが、必要ないと全否定するより他の授業に支障がない程度に取り入れていってもらいたいです。

子をもつ親より。