前回の準備編の記事で出てきたソースコードから解説していきます。

<C#>
public class Hello{
    public static void Main(){
        // Here your code !
        
        System.Console.WriteLine("Hello C#");
    }
} 
プログラムソースコードを初めて見た人には何が何だかさっぱりだと思います。とりあえず読み解いていきます。

まず、"public class Hello{"から始まり、一番下"}"で終わっています。これは、Helloクラスという組み(集まり・集合)を表していて、"Hello"は何でもよくて、クラスの名前です。publicという文字は、公開するか否かを決める装飾子というものですが、また今度説明しますので、読みとばしてください。

続いて、"public static void Main(){ ~ }"があります。これをMain関数と呼び、この関数からプログラムが開始するルールになっています。

関数(メソッド)とは、算数・数学でも概念を習ったと思いますが、何か値を与えると結果を返す式です。プログラミングでは数値や文字列など色々結果を返せます。Main関数の返す値は、その直前の"void"なのですが、このvoidは何も返さないというフレーズなのです。
頭が混乱しますが、プログラミングでは、そういうルールと読み解いていかないと先には進めません^^;

組みや関数の始まりと終わりを"{"と"}"でくくります。"{"から"}"がそのクラス・関数の範囲(スコープ)になります。staticは、静的という意味がありますが、後で説明します。

Main関数の初めに、"// Here your code !"があり、"//"のバックスラッシュが2個で始まっている箇所から改行までコメントというものになります。コメントは、文字通りコメントを書ける部分です。このコメントは、アプリケーションに変換されないため何を書いてもよいです。(悪口は書かないでねw笑)

そして、"System.Console.WriteLine("Hello C#");"という一つの命令文です。’Hello C#’と表示しろ!って意味です。文字列は、ダブルクォーテーション(")でくくります。
この命令文を詳しくいうとSystem名前空間のConsoleクラスのWriteLine関数に"Hello C#"を引き渡すと表示されるって命令です。なお、命令の終わりはセミコロン(;)で終わります。出力結果は、
<結果>
Hello C#
と、なっていると思います。これで関数の"}"まで進んだのでプログラムは終了です。 お疲れ様でした。

C#には、他に色々な命令(クラスライブラリ)が用意されています。その命令を順に書いていくと動かしたいプログラムになります。ワクワクしますね。その為には、基本的な構文を覚えないといけません。。

プログラムの変数

スポンサードリンク

プログラム変数とは、名の通り値が変わる部分です。何が入ってくるかわからなかったり、値が変わるときに使います。または、一時的な値保持するためにつかったりします。

171105_hensu


算数の平行四辺形の面積の求め方は、x × y / 2 = zのように習ったと思います。xとかyが変数です。因みに2は変わらない値なので定数といいます。プログラムの変数名は、禁則文字以外の文字と英数字を使って自由につけることができます。下記が実行例です。
<C#>
public class Hensu{
    public static void Main(){
        int teihen=10;
        int takasa;
        takasa=5;
        int kekka = (teihen*takasa)/2;
        System.Console.WriteLine(kekka.ToString());
    }
}
<実行結果>
25
intの後にある'teihen'とか'takasa'・'kekka'が変数になります。変数の箱は使う前に、宣言記述しておかなければなりません。intのような型名(箱の種類)と変数名のセットで宣言します。イコール(=)で、初期値を入れたりも出来ます。

型とは、コンピュータのメモリ上に覚えてもらうため、どんな種類の箱が必要なのか教えてあげます。値型の代表例は下記のようなものがあります。

値型名 説明
int 整数値を表す。他にlongというものもある。
double 浮動小数値を表す。他にfloatというものもある
decimal 大きな数(10進数)を表す。
bool 真(true)か否(false)を表す。正しいや等しいはtrueになる。
string 文字列を表す。
char 決まった(決めた)かず分の文字を表す。

色々数値だけでも種類があります。その理由は、入れられる範囲が違うからです。 intは、-2,147,483,648 ~ 2,147,483,647の値を入れることができます。他の値型はこちら
※ このほかに、クラスや構造体と言われるものも型として宣言でききます。(後に説明)

プログラムに戻ります。最初に気になった方もおられると思いますが、×(かける)が*(アスタリスク)になっています。プログラムの×の書き方は、*になるのでご注意を!

算数ではイコールは正しいとなりますが、プログラムの世界でイコール(=)は、変数に代入(入れる)ことになります。
<プログラム代入例>
変数 = 式;
int kekka = (teihen*takasa)/2;
右側の式を左の変数に入れるとなります。

そして、計算結果を書き出すWriteLine命令です。
 System.Console.WriteLine(kekka.ToString());
WriteLine関数の引数が文字列なので、kekkaを.ToString()関数を呼び出して文字列にしています。詳しくは関数やクラスの記事で説明したいと思います。今は、このように記述すれば、結果が表示されると思っておいてください。

プログラミングは、ぼんやりとしたものが繋がっていくことで理解できるようになります。構文を覚えたあとは、「こんなことがしたい時は、どう書くのだろう?」とググって知識をつけたり、ソフトウェアの仕様を覚えていくものです。

次回は、プログラムの要である条件分岐を説明していきましょう。