自分磨きのITノート

プログラミング(C#、VB.NET)言語やデータベースの役立つ情報を初心者から中級者向けに発信します。

Windowsプログラミング

VBのIsNumeric関数は許容範囲が広いので注意必要[VB.Net,C#]

皆さんはいつもプログラミングで数値チェックをどのようにされていますか?

VBで数値チェックといえば、IsNumeric関数が有名ですが、単純にこれだけでは不十分なことが多く、意図しない不具合発生することもあります。
プログラミングでは、値のチェックはアプリケーションが正常に動作を続ける上で非常な重要な部分です。

.Netだと、Double.TryParseメソッド正規表現でチェックをされているのだと思います。しかし、私個人的な問題なのですが、正規表現は複雑になるとぱっと見わからなくなってきて体が受付ません^^;なので、IsNumeric後などにゴリゴリチェックロジックを書いています(という記事です)。

VB.NetだとMicrosoft.VisualBasic名前空間にあるIsNumericメソッドはつい便利なので使用してしまいがちです。単純にIsNumericだけのチェックで終わってはないでしょうか??

IsNumericの引数に
  • IsNumeric("123")の大文字
  • IsNumeric("10e3")の桁を表す文字
  • IsNumeric("&H12")の16進数を表す文字
も、Trueとして返ってきます。

これだと、その数値をそのままデータベースの決まったサイズに入れたりすると、エラーが発生することがあります。大文字だとコード体系のフィールドにしたい場合使えません。
やはり、IsNumeric関数(TryParseも同じ)の後に数字の範囲チェックや文字列チェックなどは欠かせないですね(>o<)

これがよい策かわかりませんが、私がよく使っている数値文字列チェックのロジックを晒しておきます。最後にC#バージョンあり。

数値文字列チェック

続きを読む

Windowsプログラミング入門 - 初めてのWindowsフォームアプリケーション

前回、Visual Studioをインストールしました。今回は、Windowsのデスクトップ上で動作する.NETアプリケーション-Windowsフォームの作り方を紹介します。また、プロジェクトを開始すると出来上がるひな形(テンプレート)ファイルの説明も簡単します。
※ 全くWindowsアプリケーションを作成したことのない方への記事となります。
※ VisualStudio2017で説明しています。

プロジェクト作成(ソリューション作成)

(1)Visual Studioを立ち上げ、[ファイル]-[新規作成]-[プロジェクト]を選択。 180210_1_newproject

(2)言語-[Windows クラッシックデスクトップ]-[Windows フォームアプリケーション]を選択。各項目を入力して「OK」ボタンを押します。
※ 言語はVisual Basicでも構いません。
180210_2_selectwindowsform

アプリケーションの名前やプログラムソースの保管先を選択することが出来ます。
他には.Net Frameworkのバージョンも選択できます。(今回は.Net 4.6.1)


Windowsフォームひな形(テンプレート)ファイルの説明

続きを読む

Windowsプログラミング入門 - (無償版)Visual Studio Community 2017インストールとプロジェクト作成

Windows上で動作するアプリを作成する場合、画面(ユーザインターフェース:UI)をソースコードでゴリゴリ書くのは非効率です。Microsoftから提供されている統合開発環境(IDE)Visual Studio(以下VS)を使えば色々なツールやUIデザイナーが付いてきて便利です。

.Net Framework上で動作するアプリケーションであれば、無償(無料)で開発することができます。学習用途で使用するなら、VSのCommunityエディションで十分です。今回はインストール方法を説明します。

また、VSのエディションについて下記にまとめてます。


Visual Studioエディション
エディション名  説 明
Community 学生、個人、中小企業、非営利団体向け。Professionalと同等の機能が使えるので、Windowsプログラミング入門するなら最適です。
個人で利用するならこれがオススメです(商用利用は制限あり)。
Express 誰でも利用可能。商用利用も可能。
VSについている機能・ツールやテンプレートは少ないですが、普通にソースコードを実行ファイル・ライブラリにコンパイルできます。2015シリーズは、デスクトップ・Win10アプリとWEBアプリの開発できるが、2017シリーズはデスクトップのみで、Expressは2017シリーズで最後になる模様。
Professional ほぼ開発する上で困ることのない基本エディション。
Team Fundation Serverの連携ができる。サードパーティ製品利用する場合もこのエディションからが多い。
Enterprise テスト・分析やXamarin拡張機能など豊富な拡張機能が使える。値段が高いのでほしい機能があるか要確認。


Visual Stadio Community 2017のインストール方法

続きを読む
スポンサードリンク
自己紹介
【管理人】
なみやん
【コメント】
プログラムを組むことが大好きな30代男性。IT系の仕事を10年ちょいやっています。このブログを通して知識を人に伝えることによって、自分をさらに磨こうと精進しています。応援よろしくお願いします。
免責事項
当サイトで紹介しているサンプルソースコードは自由に使用いただいても結構が、自己責任でお使いください。また、記事の内容が主観的であったり、努力していますが正しくなかったりする場合がございます。読者本人の判断にお任せいたします。