平成29年秋期、情報系国家資格「情報セキュリティマネジメント」に合格してました。自己採点もギリギリだったので、モヤモヤした気持ちの1か月間でした(;´Д`)

やっぱり合格証書が届くのはうれしいものです♪
20171215_sg_syousyo



この情報セキュリティマネジメント(以下SG)は、平成28年度春期から開始された新しい試験です。よく似た試験に情報処理安全確保支援士(別名:情報セキュリティスペシャリスト)ってのがあります。支援士(SC)は構築/開発向けの資格で、情報セキュリティマネジメント(SG)は企画/提案や運用管理向けの資格になります。支援士(SC)よりは、難易度も低く受けやすい資格です。SGはITパスポートからのステップアップ資格とされており、レベル2の基本情報技術者試験と同等の位置付けです。

最近の情報社会では、IT人材不足サイバーテロの脅威のためにこのセキュリティ分野に力を入れている傾向があります。システム構築する側も、セキュリティ関連は避けて通れなくなってきました。

まぁ、私は会社から命じられて取得した者です。また、新資格なので採点が甘いのでは?という期待から軽い気持ちで挑みました。私がやってた勉強方法など書いていきたいと思います。

合格率


情報セキュリティ合格率
年度 合格率
平成28年度春期 88.0%
平成28年度秋期 70.3%
平成29年度春期 66.4%
平成29年度秋期 50.4%

段々、合格率が下がってきています。調整といいますか、基本情報技術者試験の合格率が20~30%なので、今後そのくらいまで難易度が上がるのでしょうか?でも、難しさは基本情報技術者試験のほうが上だと思いますので、そこまではいかず30~50%くらいで落ち着くような気がします。(勝手な想像です…)

私が受けた平成29年度秋期は、学生の合格率が23.3%で、社会人が53.8%なので業務経験があるほうが問題の意味を想像しやすく有利なのではないかと感じました。

筆者のスペック

続きを読む